RSS

おやおや

25 6月

「親だから」って親自身が言うのは傲慢じゃないかなぁと最近思う。
親を親と認められるのは子供だけだと思う。
生物学的には親だったり、戸籍的には親でも、実際に保護者としての行動をしてなかったら、それは親じゃないとおもう。
生物学的な親から捨てられたり、離れることになって、血筋的にはまったくの他人に育てられた子は、「私の親は私を育ててくれた人たちです」って言うケースはあるわけだし。
そんな子たちにはいろいろと葛藤があったりするんだろうけど。
大学の教育学で教授が言ってた、親じゃなくて保護者と表現しますの意味が最近になってわかってきた気がする。

広告
 
コメントする

投稿者: : 6月 25, 2012 投稿先 ひとりごと

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。